« 神奈川オフ会ライブ in 南林間La.Stanza♪ | トップページ | はっちゃん in いいちこ日田・紅葉祭♪ »

2011年12月20日 (火)

原口純子 & KULO in 博堂村と、OOOの話♪

P1030006_211月19日(土)は、原口純子ライブ in 「博堂村」の日だった。
最近、クロさんに声が掛かって一緒のステージになる事が多い。

じつは純子さん、以前中津のライブに来た時に、俺の「Martin OOO-18 '48」をとても気に入ったらしく、当日メッセージが‥‥。
Uedamasaki01純子さん:「はっちゃん、あのマーチンのオールド、また見せてもらえないですか?」
はっちゃん:「いいっすよ~♪」ってことで、持って行く事に。

そういえば、上田正樹さんも気に入って弾いてくれたっけ。
(※左の写真はあこがれの上田正樹氏と、はっちゃんのOOO-18)

さて、17時集合を目指し、ハッセさん御夫妻の車に乗せて戴いて一路別府へ。
Hakudo17_2いつも便乗してすみませんm(_ _)m

別府インターを降りて左折、スギノイホテルの横を通り別府港へと下って行く。
街のあちこちから温泉の蒸気が立ちのぼっている。

Hakudo14_3別府湯のまち~よさこりゃさいさい~♪(別府音頭より)

博堂村は、その名の通り「ダスティンホフマンになれなかったよ」で有名な「故・大塚博堂」ゆかりの場所。
甥っ子さん御夫妻が経営するライブハウスなのだ。
マスターはハードロック大好きで、ママはフォーク大好きである。

途中でクロさんと合流し、駐車場から博堂村まで徒歩5分。

到着するとシャッターが開いており、ママさんとPAのキジマくんが準備中。
我々も機材準備開始。

Hakudo13_2ベースのカドちゃんが急に来られなくなって、今日はクロさんと二人のKULOである。
リハを始めると、純子さん到着。こんばんは!

リハが終わり、ライブの前にみんなで腹ごしらえ~♪
向かいのビルの2Fの居酒屋で、(≧∇≦)/□☆□\(≧∇≦ )カンパーイ!!

俺は抑え気味にしなきゃ!
Hakudo03いくら何でも20時の演奏開始までには戻らないとね‥‥って、皆さん結構行けてますな(;^_^A アセアセ・・・
おいおい、これからライブですよぉ~。

結構盛り上がってると、もうすぐ20時!
急いで戻ると、その間、対バンの「熊谷歩巳」ちゃん、森山武彦(TAKE)さんがリハを済ませていた。

お客様も続々入ってきた。
Hakudo01のんちゃんも来てくれてるし、tomoちゃんも!有り難う!

Dsc00025「歩巳」ちゃんがステージへ!
ママのバンド紹介の後、いよいよライブのスタート。
唄もギターも上手いよね。
オリジナルも良い感じ。
それにしても若いって良いなあ、パワーが有る!

お父さんのお下がりのギターという「Yamaha L」が良いねえ。
渋いぜ!

Hakudo042番手は、大分のアマチュアミュージシャンの大御所「TAKE」さん。
弾き語りを志す者にとっては大先輩だ!
叙情的なオリジナル曲は。
Dsc00064上手いのはもちろん、味があるし、存在感がある。

今回のTAKEさんは、HEADWAYのGIBSONモデルを弾いてる。
中々良い音するなあ~♪
レッドサンバーストが綺麗だ!

そして、3番手は我々「KULO」だ!

Hakudo05【KULOセットリスト】
1. おおきな木の下で
2. グランマ
3. ファビオラの風
4. 咲く・La・さくら

P1030044KULOライブ動画:
http://www.youtube.com/watch?v=mzz2KgES7O0

KULOは、2人でも5人でもKULO。
Dsc00105クロさんの力強い声とリードが、この2人構成のKULOにとって頼もしい存在だ。

今回のクロさんのリードは特に良かったねぇ~♪
気合いが入ってました!
クロさんの事だ、はるさんが出向でしばらく居ないこともあって、密かに練習してきたのかもしれない。

Dsc00309_2 そして、トリは「原口純子」さん。

前回は8月の夏の真っ盛りだったが、季節は巡り、秋も深まってのライブ。
しっとりと女の生き様を歌っていく。

4トレードマークである「GIBSON B-25 '65」の精巧なミニチュア。
ファンの方が作ったらしいそれを隣に置いて、ライブを進める。

途中、TAKEさんのハープが良い感じで入る。
TAKEさんはまたハープが上手いのだ!

Hakudo07さて、チューニングの違う曲で俺の「Martin OOO-18 '48」弾かせてと純子さんに言われ、「どうぞどうぞ~」とお貸しした。

Hakudo16ここからは少々マニアックな話になるが、このギターはカリンカリンに乾いたボディはめっちゃ軽い。
音を表現すると、軽やかで、深くて、まろやかで、かっちりしている‥‥要は、弾き方によって色んな表情が出せる。
このようにマルチな音を出せる個体は珍しいと思う。

特にマニアにとっては、ここまでベアクロウが全面に入った40年代のヴィンテージの個体はあまり無いと思われる。

Dsc_2785今でこそ稀少材として高級ギターに使われる全面ベアクロウ材だが、その昔、ギターに使える材が大量にあった時代、このようなベアクロウ杢は「アテ」とよばれて忌み嫌われ廃棄されていた。
それを、世界一大量の材を持つMartin社があえて使ったとは、余程の理由があったに違いない。

Hakudo09ベアクロウの部分は木が締まっているため、音が締まって固くなる反面、このように波のように全面に流れるベアクロウは、天然のブレーシングとも言えるので、割れには強いという利点もある。

純子さんは、その独特の倍音を含んだ鳴りが耳から離れなかったようで、全国巡りながらオールドのOOO-18を探しているらしいが、中々しっくり来るものがないとのこと。
Hakudo08 もちろん、俺よりもずっと純子さんのスタイルに合ってるのは分かりきったことだし、部屋弾きするより純子さんと旅した方がギターにとって幸せなんだろうとも思う。
彼女がこだわるもう一つの理由は、「はっちゃんが持ってるギターだから安心出来る」のだそうな。

Hakudo15これ程までに熱く語られると、譲る事も真剣考えたりもするなあ。
が、縁あって俺の手元に来たぼろぼろのギターを、プロの手によって大切に補修し、蘇ったギター‥‥とっても悩んでいるはっちゃんです。

さて、ライブの話に戻ることにしよう。

P1030147純子さんには全国を巡りながら歌っていて、各地にファンが居る。
その方達を大切にしながら歌っているのだ。

俺も、俺の歌を聴いてくれる方々をもっと大切にしなきゃな。

さて、こうしてライブも無事終了して、片付けの後にいつもの打ち上げ♪
美味しい料理が出て来るが、時間が遅いからセーブセーブ‥‥(^▽^;

Hakudo11ここでも、純子さんはOOO-18を弾いてくれた。
そして、クロさんとセッション。
これも良いよね(^0^)b

おっと!午前0時を回ってる!
みなさ~ん、そろそろ帰りましょう~♪

P1020991外に出ると、別府駅前の喧噪はどこかに行って、弾き語りをしている若者の声がアーケードにこだましている。

ハッセさん御夫妻の車に乗り込み中津へと向かう。
今日も本当に楽しかった!皆さん、お疲れ様でした!

でも、そんな中、まだOOOのことが頭から離れないはっちゃん(;^_^A アセアセ・・・
うーーん、どうしようかなあ~と考えつつ、眺める窓の外には、高速道路を照らす灯りがどんどん流れていく。

|

« 神奈川オフ会ライブ in 南林間La.Stanza♪ | トップページ | はっちゃん in いいちこ日田・紅葉祭♪ »

KULO」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまで~す♪

博堂村 楽しかったですo(*^-^*)o
クロさんのリードギター 感動ものでしたね~♪
肩が クイックイッと上がって 気合が入ってました!

あのリード はっちゃんの歌声とも よく合ってて
また聴きたいです~♪

今年も残すところ あと1回のライブですね~
風邪を引かないように 気をつけてくださいね~

(≧∇≦)ノ~~~

投稿: のんちゃん | 2011年12月20日 (火) 00時32分

> のんちゃん

来てくれて有り難うね!

ハッセさんも「クロさんのリードギターが良かった」っていってた♪
俺もそう思ったなあ。
負けないように、俺ももっと頑張らねば!

投稿: はっちゃん | 2011年12月21日 (水) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220225/53524524

この記事へのトラックバック一覧です: 原口純子 & KULO in 博堂村と、OOOの話♪:

« 神奈川オフ会ライブ in 南林間La.Stanza♪ | トップページ | はっちゃん in いいちこ日田・紅葉祭♪ »